fc2ブログ

『プアン 友だちと呼ばせて』

20240122133741a96.jpg
 
『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』のバズ・プーンピリヤ(名義はナタウット・プーンピリヤ)監督の新作というより、ウォン・カーウァイ製作総指揮というのが気になって見た『プアン 友だちと呼ばせて』。
202401221339004d0.jpg
製作総指揮に関わっているからか、まるでウォン・カーウァイ監督作品のような映像美にバズ・プーンピリヤ作品らしい脚本の巧さで素晴らしいタイ映画に仕上がっている。
 
20240122133919f18.jpg
 
予告編を見る限りでは余命もので元カノと会う恋愛ものかな、とだけしか思わなかったが、その元カノが何人もいて、ジム・ジャームッシュ監督の『ブロークン・フラワーズ』のような元カノ巡りロードムービーになっている。しかも、その結果が必ずしも上手く行くとは限らず、こうした部分にリアリティさがある。
2024012213393323c.jpg
 
後半は主人公ボスとボスの元カノを交えたエピソードに。ボスがバーテンダーというのもあるが、このボスの元カノもバーテンダーで、ここのパートはバー映画、バーテンダー映画の面白さがある。特にバーテンダー映画としてのカクテルはトム・クルーズ主演の『カクテル』よりも遥かに拘りとテクニックがあり、意味深である。
20240122134104071.jpg
また、バーのシーンを中心とした夜のシーンの色彩や映像美が素晴らしい映画でもある。ネオンや夜景、カクテルの色合いなどを巧く使い、タイやニューヨークの夜がより鮮やかに見える。考えてみればかつての友人や元カノとのやり取りとかかつてのウォン・カーウァイ監督作品で見てきたということもあり、『プアン』は監督とか脚本、原案ではないにも関わらず、ほぼウォン・カーウァイ監督の新作のようである。タイを舞台にして、タイ人の話にしているからタイのスタッフにして、製作総指揮でありながらウォン・カーウァイの影響力がかなりある映画である。
 
2024012213421705d.jpg
『ブロークン・フラワーズ』のようなロードムービーに『カクテル』以上のバーテンダー/カクテル映画にウォン・カーウァイのような映像美に友情、色濃い沙汰など、まるで複雑なカクテルのようにグラデーションに富んた映画である。90年代のウォン・カーウァイ監督作品が好きなら尚の事楽しめる。
 
 20240122134239904.jpg
評価:★★★★★
 
スポンサーサイト



『L.A.コールドケース』

20240119153224bc6.jpg
【スタッフ】
監督:ブラッド・ファーマン/脚本:クリスチャン・コントレラス
 
 
【キャスト】
ジョニー・デップ、フォレス・ウィテカー、ロックモンド・ダンバー、ニール・ブラウン・Jr、ザンダー・バークレー、シェー・ウィガム、ウィン・エヴェレット、トビー・ハス、シャミア・アンダーソン、デイトン・キャリー、アミン・ジョセフ、ローレンス・メイソン、ルイス・ハーサム、キース・ザラバッカ、ピーター・グリーン、マイケル・パレ、グレン・プラマー、ケヴィン・チャップマン、オッバ・ババタンデ
 
原題:City of Lies/製作国:イギリス、アメリカ/製作年:2018年
 
 
20240119153241a72.png
 
2パックやノトーリアス殺害事件よりもジョニー・デップ主演でフォレス・ウィテカーも出るというので見てみた『L.A.コールドケース』。かなり事件を把握してないと分かりにくい部分もあるが、徐々にジョニデが演じるラッセルの追い詰められ具合いとロス市警の汚職のヤバみで楽しめる。
2024011915332421f.jpg 
事件の概要は事件を知らなくても映画を見ればある程度は分かるが、そこからの捜査過程とながらく事件未解決になる流れは過去・現在のドラマを交互に見せ、しっかりと登場人物を把握してないと分かりにくい。ここの部分がもう少しスムーズだったら絶賛できたかも。
 
20240119153348a32.jpg
途中から事件を担当するラッセルとロス市警の関係がおかしくなり、その辺りからは『セルピコ』のような面白さが出てくる。それも、警察の汚職が麻薬じゃなくて別のことで、そっちの方が闇が深い。本来ならドキュメンタリー映画で作られてもおかしくないぐらいだが、ジョニデとフォレス・ウィテカーのドラマでこれでも見やすくはなっている。
20240119153430fda.jpg
出来れば、ノトーリアス、2パック殺害事件を事前に予習すれば前半ももう少し楽しめたかもしれないが、後半の警察汚職のヤバみは見応えがある。この事件に興味がある方とジョニデの映画をとにかく見たい人向けかな。
 20240119153451148.jpg
評価:★★★

ブログ名・方向性変更

20240119113124636.jpg
突如、当ブログのブログ名と方向性がガラリと変えました。
まず、ブログ名を
「独身ぼっちおじさんの日々」から「本音の映画レビューうぇあはうす」に変え、
映画レビューを主体にしたブログに変更しました。
なぜブログの方向性を変えたかというと、
毎週媒体に書いている映画レビューを残すためです。
なので、取り急ぎ他のnoteにも移してなかった2022年夏から年末までをこちらにアップしてます。
たまに現在進行(2024年)も媒体・Facebook版掲載後しばらくしてからのアップもします。
何卒よろしくお願いします。

『女神の継承』

2024011910431251a.jpg
【スタッフ】
監督・脚本:バンジョン・ピサンタナクーン
 
 
【キャスト】
サワニー・ウトーンマ、ナリルヤ・グルモンコルペチ、シラニ・ヤンキッティカン
 
原題:THE MEDIUM/製作国:タイ、韓国/製作年:2021年
 
 
2024011910433124e.jpg
 
フライヤーから何やら雰囲気があり、『チェイサー』や『哀しき獣』、『哭声/コクソン』を手掛けたナ・ホンジン監督がプロデューサーとして関わっていることで期待があった『女神の継承』。うーん、前半の地味さと、後半の雑なホラーの仕上がりに、監督でないとは言え、とてもナ・ホンジンが関わっている作品とは思えないクオリティがイマイチな映画だった。
20240119104431ef1.jpg
 前半はタイのイーサン地方にいる祈祷師のモキュメンタリーになっている。このパートはその土地の民俗・風習の雰囲気は出てるが、肝心のパートになるまでは淡々と展開。
祈祷師を取り上げているわりには祈祷師のお仕事そのものにはエキセントリックさはなく、『哭声/コクソン』のファン・ジョンミンがやってたようなのを期待すると肩透かしをくらう。
 
20240119104510972.jpg
 
中盤ぐらいからとり憑かれてしまった姉の娘ミンが徐々に凶暴さを増して酷くなる様子で展開。ここももう少し丁寧にやればいいのに、凶暴さが一本調子で雑なB級ホラー仕様。残虐さはいいんだけど、前半の雰囲気を壊しながらゾンビのようなホラーに。
 
20240119104657f69.jpg
撮影隊によるモキュメンタリーのホラーというと十数年前に公開された日本のホラー映画『ノロイ』というのがあったが、あっちの方がまだ丁寧だった。『女神の継承』は抑えていた前半は地味、派手な後半は雑と残念なホラー映画になってしまった。ナ・ホンジンが監督とかならもうちょっと違ったんじゃないかな。
 
20240119104736f22.jpg
 
評価:★★
 

【アジア映画ベストテン】プラス1

【アジア映画ベストテン】
1位:『エンドロールのつづき』
202401190955338ca.jpg
2位:『シャドウプレイ【完全版】』
3位:『聖地には蜘蛛が巣を張る』
4位:『小さき麦の花』
5位:『コンフィデンシャル 国際共助捜査
2024011909561440e.jpg
6位:『マネーボーイズ』
7位:『セールスガールの考現学』
8位:『野獣の血』
9位:『別れる決心』
10位:『THE WITCH/魔女 -増殖』
2024011909564745b.jpg
次点:『非常宣言』
総評:最終的には個人の感じ方に委ねることになるが、日本映画以上にもう一つ元気がなかったのが日本以外のアジア映画になる。総合ランキングベスト20の20位にようやくインドの『エンドロールのつづき』がランクインというかなりの苦戦ぶりだが、トップ50内まで見れば7本ランクインしたから、本数が少ないながら健闘はしていた。
202401190958169f8.jpg
その中で韓国映画は次点を含めて5本あるだけでなく、アクション、ホラー、サスペンスといったジャンル映画でのランクインなので、2024年は2月にマ・ドンソク主演の『犯罪都市』シリーズ最新作があったり、異色のサスペンス映画『梟ーフクロウー』の公開もあるので、こうしたタイプの映画から韓国映画の躍進を期待したい。
20240119100127fc8.jpg
さらに2024年はトルコ・ベルギー合作の『葬送のカーネーション』やファン・ビンビン主演の香港映画『緑の夜』やブリランテ・メンドーサ監督による香港映画『FEAST-狂宴-』などアジア映画の注目もいくつかあるので、アジア映画からも目が離せない。
20240119100151cbd.jpg

【ヨーロッパ映画ベスト20】

【ヨーロッパ映画ベスト20】
1位:『イニシェリン島の精霊』
202401190907140db.jpg
2位:『理想郷』
3位:『枯れ葉』
4位:『ベネデッタ』
5位:『逆転のトライアングル』
20240119090759d2c.jpg
6位:『トリとロキタ』
7位:『The Son/息子』
8位:『ドリーム・ホース』
9位:『私がやりました』
10位:『帰れない山』
2024011909082863f.jpg
11位:『エンパイア・オブ・ライト』
12位:『すべてうまくいきますように』
13位:『コンパートメントNo.6』
14位:『苦い涙』
15位:『キングダム エクソダス〈脱出〉』
202401190908495b7.jpg
16位:『デヴィッド・ボウイ ムーンエイジ・デイドリーム』
17位:『キャロル・オブ・ザ・ベル 家族の絆を奏でる詩』
18位:『Rodeo ロデオ』
19位:『VORTEX ヴォルテックス』
20位:『モリコーネ 映画が恋した音楽家』
20240119090907096.jpg
総評:ここ数年で『キングスマン』シリーズやガイ・リッチー監督作品の数々などイギリス映画の良作が多かったが、2023年は上位からアイルランド、スペイン、フィンランド、オランダ、スウェーデン、ベルギー、イギリス、イギリス、フランス、フランス、といったように見事にヨーロッパ各国の作品がバランスよくランクイン。
それもベストテン内に4本もランクイン、ベスト20でプラス2本、TOP30でプラス4本、TOP50でプラス2本と日本映画やアメリカ映画にも劣らぬ力作が多かったことが伺える。
202401190910260fb.jpg
監督単位で見ても3位のアキ・カウリスマキ監督作品『枯れ葉』、4位のポール・ヴァーホーヴェン監督作品『ベネデッタ』、6位のダルデンヌ兄弟監督作品『トリとロキタ』、9位のフランソワ・オゾン監督作品『私がやりました』&12位の『すべてうまくいきますように』&14位の『苦い涙』、15位のラース・フォン・トリアー監督作品『キングダム エクソダス〈脱出〉』、19位のギャスパー・ノエ監督作品『VORTEX ヴォルテックス』、20位のジュゼッペ・トルナトーレ監督作品『モリコーネ 映画が恋した音楽家』というようにいわゆる巨匠やベテラン監督の作品が半分近くを占めたが、逆に言えば新鋭・中堅の監督の作品が半分近くを占めているから、新旧のバランスは取れていると見られる。
また、アクション映画やホラー映画といったジャンル作品がなく、半数近くがヒューマンドラマ映画ということを考えれば健闘したようにも思える。
20240119091245024.jpg
2024年は1月26日に公開予定のヨルゴス・ランティモス監督作品『哀れなるものたち』や昨年のパルムドール作品の『落下の解剖学』、ガイ・リッチー監督最新作『コヴェナント 約束の救出』、ジョニデが出演しているフランス映画『ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人』、ヴィクトル・エリセ監督の久しぶりの新作『瞳をとじて』など待望の作品が次々と公開するので楽しみだ。
2024011909155912a.jpg

『C.R.A.Z.Y.』

202401190836084e1.jpg
【スタッフ】
監督・脚本:ジャン=マルク・ヴァレ/脚本:フランソワ・ブーレ
 
 
【キャスト】
マルク=アンドレ・グロンダン、ダニエル・プルール、ピエール=リュック・ブリヤン、エミール・ヴァレ
 
原題:C.R.A.Z.Y./製作国:カナダ、モロッコ/製作年:2005年
 
 
202401190836234aa.jpg
 
『ヴィクトリア女王 世紀の愛』や『ダラス・バイヤーズクラブ』のジャン=マルク・ヴァレ監督が『ヴィクトリア女王 世紀の愛』よりも前に作った作品で、今回本邦初公開になる『C.R.A.Z.Y.』。主人公が生まれてから大人になる約20〜30年を描いた壮大な青春成長期で、父と子、兄弟や母、恋人との繊細な葛藤を描きながら、時代の音楽でポップに彩る秀作である。
20240119083729f1d.jpg
日本で言えば『青春の門』みたいな作品だが、流石にあそこまで重さ・暗さはなく、近い時期に作られたイタリア映画『輝ける青春』(6時間ある超大作)の方がテイスト的には近い。敬虔なクリスチャンの家庭で、1960年代から80年代という時代を描きながら、その時代その時代の事件・ニュースや各キャラクターの仕事や学校といった事柄は最小限に、主人公ザックの影響を受けたものとライフスタイル、父と兄アンソニーを中心に、母、他の兄・弟、近所の幼馴染、従兄妹などといった人との関係性を見せた青春映画になっている。
 
20240119083746565.jpg
 
その中でも一番時間を割いているのがザックの性に関することで、これが一番のテーマである。昨今の言葉で言えば「性の多様性」になるが、その描き方がフランソワ・オゾンやガス・ヴァン・サントみたいに極端にLGBTに特化したものではなくて、非常に緻密な描き方である。それはカトリックという宗教の道義的なもの、主人公の親世代の「家族」や「世間」の価値観といった外側からの視点と、ザックの女性観、好み、趣味から由来する内側からの視点と両面から描く。なので、完全なGではなく、どちらかといえばとか、男子なら誰にでもありえそうな経験を捉えたもので、そこに完全なLGBT映画よりも共感・好感が持てる。
結局の所はそうじゃない人にとっては五十歩百歩で、その対応は『ブロークバック・マウンテン』でも見られた前時代的な価値観で、そこの部分の時代性は正確であったとうかがえる。
20240119083821005.jpg
これと、父子におけるあるエピソードから起こる断絶もポイントの一つ。この断絶の構図は『エデンの東』のそれに通じる普遍的なもの。『エデンの東』と違うのはそこに音楽をアイテムとして絡ませていること。この溝埋めを父子の共通の趣味である音楽を巧みに使う。
映画のタイトルは5兄弟の頭文字から取っただけではなくパッツィー・クラインの「クレイジー」にも被らせたダブルミーニングになっていて、このアナログレコードがキーにもなっている。他にも各パーティーシーンで父が必ず唄うシャルル・アズナヴールの「世界の果て(Emmenez-moi)」も味がある使い方である。他にもデヴィッド・ボウイやローリング・ストーンズ、ピンク・フロイドなど、センスの良さと時代性を出したチョイスで雰囲気が良い青春映画になっている。
 
20240119083902037.jpg
 
行ったり来たり、つかず離れずの末に着地点の読めなさではポール・トーマス・アンダーソン監督の『リコリス・ピザ』やヨアキム・トリアー監督の『わたしは最悪。』に勝るとも劣らない傑作。性の緻密な表現はひょっとしたらフランソワ・オゾンやガス・ヴァン・サント、ペドロ・アルモドバル以上かも。上記で挙げた作品や監督が好きなら見ておいた方がいい。
202401190839463b3.jpg
評価:★★★★★

続きを読む

『笑いのカイブツ』

202401180923168e1.jpg
【スタッフ】
監督・脚本:滝本憲吾/脚本:足立紳、山口智之
 
【キャスト】
岡山天音、片岡礼子、松本穂香、前原滉、板橋駿谷、淡梨、前田旺志郎、管勇毅、松角洋平、菅田将暉、仲野太賀
 
 
 
 2024011809233224d.jpg
 
「伝説のハガキ職人」で放送作家、劇作家のツチヤタカユキ氏の自叙伝の映画化作品『笑いのカイブツ』。
2024011809235371b.jpeg
「ケータイ大喜利」や「オールナイトニッポン」のハガキ職人を主人公にしたヒューマンドラマで、鬱屈した、鈍重な青春記であり、華やかな一流お笑い芸人の世界やラジオやお笑いをメインにした劇場の舞台裏が垣間見える業界舞台裏もの、いや、業界の一隅で喘ぐ不器用な青年の苦味を味わうメランコリーなドラマである。
20240118092443a27.jpg
テレビの「ケータイ大喜利」や深夜のラジオ番組でハガキ職人として頭角を表すが、不器用で人間関係が不得意が故に放送作家として上手く行かない鬱屈した日々を送る中、ついに憧れの人気芸人から手を差し伸べられ、上京し、構成作家見習いにありつく、というツチヤタカユキの事実ベースのヒューマンドラマ。まず、岡山天音が演じるツチヤタカユキの才能がありながら人間関係を中心とした不器用さでの上手くいかなさ、立ち回りの悪さ、鬱屈、痛々しさ、狂いっぷりは見事。
20240118092500e96.jpg
 
ツチヤ氏の汚い部屋の様子やオカンとのやり取り、人気お笑いコンビ「ベーコンズ」の西寺の周辺の人気芸人とその周辺の舞台裏の雰囲気など、リアルに伝わる。原作を知らなくても仲野太賀が演じる「ベーコンズ」の西寺というのがオードリーの若林であることが早い段階で何となく伝わり、そこからメジャーな芸人の氷山の一角の水面下で起きていた人間模様と見ると味わい深さがある。
20240118092626e84.jpg
ただ、ツチヤタカユキ氏の実話ベースのストーリーなので、鬱屈した若者の狂気じみた日常からホアキン・フェニックス主演の『ジョーカー』のアーサーやガス・ヴァン・サント監督作品『ラスト・デイズ』の主人公(カート・コバーンがモデル)が被ったり、匂わせたりはするが、結局はその境地まではいかない。
その上、境地に至らない所か、よく考えてみると才能はあるし、著名人から手を差し伸べられるチャンスはあったりするので『ジョーカー』のアーサーやアキ・カウリスマキ監督の数々の映画のボンクラな主人公と比べるとかなり恵まれている。そこでことごとく空振るツチヤタカユキに悲哀はあるけど、それ以上はない、所詮寸止めの狂気になってしまっているのが映画作品としては残念。
 
202401180926429ce.jpg
 
そこをだからこそツチヤタカユキであって、狂気未満の青春記としてはクオリティは高い。あらゆる意味で痛々しい人を主人公にした映画を見るのが大丈夫なら見逃さない方が良い。
 
 2024011809265630f.jpeg
評価:★★★★

『わたしは最悪。』

20240118091039a4e.jpg
【スタッフ】
監督・脚本:ヨアキム・トリアー/脚本:エスキル・フォクト
 
【キャスト】
 レナーテ・レインズヴェ、アンデルシュ・ダニエルセン・リー、ハーバート・ノードラム
 
原題:Verdens verste menneske/製作国:ノルウェー、フランス、デンマーク、スウェーデン/製作年:2021年
 
 
202401180911012bd.png
 
未だに叔父に当たるラース・フォン・トリアーの威光が勝っちゃってる印象のヨアキム・トリアー監督の新作『わたしは最悪。』。いやー、びっくりした! こんな繊細に人間模様を描けるのか、と驚愕した。ヨアキム・トリアー監督、突如の大化けである!!
202401180911521e4.jpg
自分がやりたいことに対して自由奔放なアラサー女子のストーリーなんだけど、まず、「子供を生みたくない女」という設定にふとジャン=リュック・ゴダール監督の『女は女である』を思い出した。ズバリ、この映画、『女は女である』に出てくるアンナ・カリーナが演じる主人公と全く逆の設定の映画である。ヨアキム・トリアーが意図とはしてなくても、『女は女である』から60年後に偶然にも全く逆の価値観を持つ女性の映画が現れたことに驚く。そこに現代らしさがモロに出ている。
 
20240118091213e3d.jpg
全体的なドラマのタッチは70年代のイングマール・ベルイマン監督の『ある結婚の風景』や『秋のソナタ』やクロード・ルルーシュ監督の『男と女』のような肌触り。人生観、恋愛観、死生観などが非常に細かくて、ノルウェー映画だけど久しぶりにスウェーデンやデンマークあたりの北欧映画や60年代や70年代のフランス映画を見た気分になる。
202401180913127d3.jpg
もちろん古い描写ばかりではない。突如の『フローズン』のような演出は大胆ながら上手いSF。途中のドラッグ描写も『トレインスポッティング』よろしくな演出で、アニメ演出も含めて多彩な演出をも見せつける。
本編12章とプロローグ、エピローグに分けた章仕立てはそれこそ叔父さんのラース・フォン・トリアー譲りのようでもあり、展開の速さも部分的にあるが、じっくり見せる章はじっくりと展開。
 
20240118091328084.jpg
 
#ME TOO時代を意識しながらも、性描写はかなり大胆。そのものをストレートに見せるシーンもあれば、脱がずにエロスを表すシーンもあったり、台詞でエロさを出すシーンもあり、バラエティである。特にユリヤがセックスで好きな瞬間の台詞に女性上位のSっぽさがあり独特。
この作品でデビューながらカンヌで女優賞を獲った主演のレナーテ・レインズヴェがとにかくお見事。台詞や脱ぎっぷりばかりでなく、表情が豊か。
20240118091534519.jpg
単なる奔放な女性上位のわがままで終わらず、人生観や時代をも描いている。人間を描いたという部分でヨアキム・トリアーは、ようやくラース・フォン・トリアーやトマス・ヴィンターベア、スザンネ・ビアに並んだ。そんな才能を見た映画である。
20240118091552010.jpg
 
評価:★★★★★

プロフィール

joeyogawa1975

Author:joeyogawa1975
ブロとも申請、基本的には100%承認します。

映画(1910年代〜現在。新作中心)と70〜90年代HM/HR、ロック、パンク、プログレ、50年代〜90年代プロレス、プロ野球(阪神タイガース、他全球団の歴史追い)、グルメ、ちょっと健康志向なアラフィフ独身ぼっちおじさん。よろしく。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR